【かいだん…こわい】


見晴らしのよい
一軒家で3階にお父さんとお母さんは住んでいました。
一望できる3階の寝室は
お父さんとお母さんのお城のようなものでした。

ある日
3階から2階におりるときに
お母さんに
「ふらついているから、気をつけて降りて下さいね」と

シゲオさん
振り向いた瞬間に…

体のバランスを失って
足を踏み外してしまいました。

つかまるものなにもありません
手すりもなにもなかったもんだから

1階まで

どどどどーん

転倒して、骨折し靭帯断絶したシゲオさん。

これがきっかけで、要介護2で介護生活になりました。

よくある高齢者の話です。

【話を切り出すタイミング!?】

後遺症はのこったものの
リハビリも順調にすすみました。

遠方にもかかわらず息子さんが

2週間休みをとって実家にもどり
病院にも…
献身的な息子さんです。

息子
「お父さん、もう年なんだから3階に住むのはやめませんか?」

シゲオさん
「…」

息子
「段差の多い家だし、階段だって多い」

「あんな危ない家は売って…」

シゲオさん
「……」

息子
「お父さんのために、大事な会社まで休んできました。」

それまで黙っていたシゲオさん


「かえれぇ—!!!」

ほんとうは、
「これを機に一緒に住みませんか…」
と伝えたかった息子さんなのでした。

急ぎすぎる提案のしかたをしてしまったのでした。

 

【理論より感情で伝える】

お父さんのため?
自分のため?

やはり
ここはご家族です。

息子さんは、自分の気持ちに向かい合った時に

お父さんと一緒にすみたいし面倒をみたい、
ここまで育ててもらった恩もある、と。

今は、息子さん家族と一緒に暮らしています。

シゲオさんニコニコしながら
「ワシのせがれは、いつも生意気いいやがってなぁー」
と、まんざらでない表情です。

住宅改修をして、段差もないバリアフリーで
か・い・だ・ん。
のない生活をされています。

 

【会社としての助言】

社員やパートさんが高齢者や親の介護を抱えている場合
会社として、アドバイスや助言をする場合

介護では、「住宅改修で転倒しない環境整備」

住宅改修は上手く使えば、
3回使えます。

ちょっとしたことですが
とても、大事です。

【さいごに、仕事と介護について】

親の介護をしている社員の
社員の親の介護離職防止・対策・支援の決め手は
①介護をしている社員の日常生活の理解。
②社員の、親の介護をしていても今の職場で働きたいという意志。
③職場での協力体制が得られること。

会社と社員は
仕事と介護の両立支援で
ルール作りをすれば
安心できる職場、働き方ができるのです。

本日も貴重な時間、
ブログにおつきあい下さり、感謝申し上げます。

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※
おやの介護の経験がある社長向けの、
社員に対しては、会社としてどこから手を付けていいのかかわらないという応援ブログです。
会社で40・50代社員やパートの人材の流出(親の介護で介護離職)を防ぎ、
生産性を落さない会社の環境は大切です。

2000年より有能な方々のおやの介護で介護離職という現場を
ホーム・ヘルパーとしてもケアマネとしてもみてきました。
いまは、そのようなケースでも社会復帰され仕事と介護の両立をして頂いております。

あなたの会社の介護離職防止・対策・支援の参考やヒントになればありがたいと思います。

〈このブログ注意点〉
①時々脱線してしまうのが、たまに傷です。

②毎年のように介護保険サービスのルールや環境が変わります。
③一年前のブログを読んで介護サービスの活用は危険があります。

尚、登場人物の名前は仮称です。

〈お知らせ〉

1)仕事と介護両立の仕組みを提供。
2)介護離職防止、無料診断実施中
3)研修・セミナー
4)介護両立支援制度助成金に対応、最大1年間450万円。

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―