良くある質問

利用者さんの介護度が軽度の時は何ら問題が起きません。
あるとするならば、救急搬送されて介護に移行する時。
それでも、98%の確率(弊社のデータ)で日常生活が取り戻せます。

介護軽度から中・重度期に移行する時ケアマネのスキルの違いがでてきます。

【在宅ケアマネの見つけ方】



デイサービスやショートステイに行きたがらない親を、
説得して、行かせてくれるケアマネジャーは、
どのような基準で、みつけたらいいのですか?

という質問が非常に多いです。

(そもそも、説得ではなく納得してもらうです)

本当にどうしたらいいのか?

家族としては大変な問題ですよね。

これは上位に来る質問です。

【その前に…まず】

一般的に介護の軽度期、
ケアマネジャーとのつき合い方は

性格が合うとか合わないとか…、
話が上手いとかうまくないとか…、
そんなイメージでお付き合いされていますね。
いかがですか?(笑)
お話し要員、井戸端会議メンバー…扱い。

ところがです。

実際、介護度の軽度から中・重度に移行するとき。
ここで本当にケアマネジャーの必要性を感じてきます。①家族の介護負担が大きくなってきている。
②家族介護で今まで行ってきたことが通用しなくなる。
③言うことを聞かない。

で、家族でみれない。。。

どうしたらいいのか?

そういう家族の想いをくみ取ってくれるケアマネジャーとは、、

 

【キーワードは5年】

1、同じ介護事業所で5年以上の、ケアマネジャー。
介護保険制度は3年で大きく変わります。
改定を1回クリアーされている、ケアマネジャーはそこで勉強しています。

2、訪問ヘルパーのサービス提供責任者経験5年以上積んだ、ケアマネジャー。
介護度の軽度から中重度への移行をたくさんにみてきています。、
また、ターミナルに近い利用者さんをみてきているのと同時に
1対1で、逃げられない現場を数多く踏んでいます。
だから、それぞれ高齢者にあわせた介護のやりかた、誘い方などをしっています。

 

【介護の先がみれる、先が読める、介護の手立てがうてる】

介護の先がみれる、

介護の先が読める。
実体験の経験があるから

だから、手立がうてるのです。

日常の生活を過ごすための
ケアマネジャーの選び方です。

そんなケアマネジャーをチョイスして下さい。
(医療を軸にした場合はことなります。)

【会社としての助言】

社員やパートさんが高齢者や親の介護を抱えている場合
会社として、アドバイスや助言をする場合

介護では、「資格より経験値」

トータル的にみれるからです。

ちょっとしたことですが
とても、大事です。

【さいごに、仕事と介護について】

親の介護をしている社員の
社員の親の介護離職防止・対策・支援の決め手は
①介護をしている社員の日常生活の理解。
②社員の、親の介護をしていても今の職場で働きたいという意志。
③職場での協力体制が得られること。

会社と社員は
仕事と介護の両立支援で
ルール作りをすれば
安心できる職場、働き方ができるのです。

本日も貴重な時間、
ブログにおつきあい下さり、感謝申し上げます。

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―
おやの介護の経験がある社長向けの、
社員に対しては、会社としてどこから手を付けていいのかかわらないという応援ブログです。
会社で40・50代社員やパートの人材の流出(親の介護で介護離職)を防ぎ、
生産性を落さない会社の環境は大切です。

2000年より有能な方々のおやの介護で介護離職という現場を
ホーム・ヘルパーとしてもケアマネとしてもみてきました。
いまは、そのようなケースでも社会復帰され仕事と介護の両立をして頂いております。

あなたの会社の介護離職防止・対策・支援の参考やヒントになればありがたいと思います。

〈このブログ注意点〉
①時々脱線してしまうのが、たまに傷です。

②毎年のように介護保険サービスのルールや環境が変わります。
③一年前のブログを読んで介護サービスの活用は危険があります。

尚、登場人物の名前は仮称です。

〈お知らせ〉

1)仕事と介護両立の仕組みを提供。
2)介護離職防止、無料診断実施中
3)研修・セミナー
4)介護両立支援制度助成金に対応、最大1年間450万円。

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※