【自慢のひとり息子】

トラさんは、息子と二人暮らし。
息子の勤めている会社はなかなか休みを取れない会社でした。
出世コースにのっていた息子をみていて
トラさんは、とても誇りに思っていました。

「俺は介護なんかされたくない、介護なんかするんだったら親と子の縁を切る。」
と、ニコニコ笑いながら話すのが口癖でした。

ある日
「介護になる前に、通帳みせろだとぉー?」
「介護になる前に、印鑑だとぉー?」
「介護になる前に、権利証だとぉー?」
「介護介護って、おおお!出ていってくれよ!」

当時、要支援1という軽度期だったトラさん
たった一人の家族

その一人息子に「でていけ」と言い放ち
別々に暮らし始めました。

あれから、7年。

 

【トラさんの親友】

今日から令和になったんだよ。

今日の天気を知るもの
今日のニュースを知るのも

今日の自分の服を知るのも

すべてホーム・ヘルパーさん。

いまでは、ほとんど目も見えません。

もともと声がでかい上に、耳が遠くなってきている
なにやら、自分の声が聞こえないと不安になってしまうようで
拡声器バリの音量で…渋いダミゴエ…。

補聴器は絶対に付けないのよ…

トラさん曰く
「世知辛(せちがら)い…世の中…しりたくない」、、、
らしいです。
(本当は、ピーピー雑音が入ってくるのでつけないだけ)

そんなトラさんにも親友がおります。
心を許し、静かにお話しをする親友。
その親友は、ベッドの横に添い寝している。
ぬいぐるみのワン吉。

今のトラさんは、寝たきりになっています…。

 

【親の介護で転職】

5年前、トラさんは、台風の日に2階の屋根に昇り台風対策をしていました。
突風が吹き、転落。
右肩骨折、右膝半月板・じん帯損傷などなど…。
介護生活が始まるきっかけにまりました。

当時息子は連絡を受け
直ぐに駆け付けたい…と思たったが…
海外で大きなプロジェクト案件の責任者を任され
現地入りしていた。
帰国できるような雰囲気ではなかったようです。

介護に理解ある会社を2年間かけて探したそうです。
(親の介護で転職100万人/年間)

【言葉がいらない介護】

 

7年ぶりの再会です。

黙って、ベッドに近づき
不自由になった左肩に優しく手をあてました。

トラさんの目に、泪

息子さんは、しばらくして出ていきました。

息子が傍にいてくれる…

もう、ひとりじゃない…
嬉しくて、人生に悔いが残らないって…

トラさんの目に、、、また泪

 

家族には、

家族だから、
言葉がいらない時もあるのです。

【会社は採用に、仕事と介護両立アピール】

優秀な人財、
スキルが高かったり人脈など広い方が
転職をされています。
年間100万人です。
採用のチャンスかもしれませね。

中途採用もチャンス!
新卒採用もチャンス!

新卒採用については、既に

孫も手助けしている介護です。

介護現場では、孫の介護も見受けられようになりました。
また、とても素直ですね。
そして、機転もききます。

 

 

【さいごに、仕事と介護について】

親の介護をしている社員の
社員の親の介護離職防止・対策・支援の決め手は
①介護をしている社員の日常生活の理解。
②社員の、親の介護をしていても今の職場で働きたいという意志。
③職場での協力体制が得られること。

会社と社員は
仕事と介護の両立支援で
ルール作りをすれば
安心できる職場、働き方ができるのです。

本日も貴重な時間、
ブログにおつきあい下さり、感謝申し上げます。

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※

~お知らせ~
1)介護両立支援制度助成金は、あと2年弱でおわります。最大1年間450万円です。
是非、お使いくださいね。
2)介護離職防止、無料診断実施中

 

※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※―※※