雨の日も風の日も隣近所に外出してしまう。

要介護3の母親90歳。

母親の事が心配で
毎日昼休みに職場から、7年間欠かさず
息子は耳の遠くなった一人暮らしの母親に電話をします。

毎日とは限りませんが、
あなたも、きっと同じような境遇だったら電話するのでしょうね。

 

【デイサービスに行かせたい…行かない、理想と現実】

淋しいが口癖になった、しっかりものだった母

また今までのように元気になってもらいたい、息子。

「淋しくて、どうして良いかわからなくなる」と、母。

あなたは、そんな言葉を聞いたらどうじますか?

このとき息子は、デイサービスに行かせたい!
どんなサービスをしているか良く分からないけれど
とりあえずデイサービスへいってもうらおう!

息子は家族や同僚などの親しいひとに相談
まわりにも相談すれば、
みなさん、思うところは一緒ですね。

たいていの人は、こういいます。
「デイサービスとか、1日みていてくれるからいいんじゃない!」と。

そなようなアドバイスに、息子の気持ちも肯定され
なんの疑いもなく、悪気もなく
息子「デイサービスにいったら…?」

母の返ってくる答えは
「デイサービスなんかいかないよ…私」

だれがみたって、聞いたって、デイサービスに行った方がいいけど…。

息子「デイサービスにいったほうがいいと思うけど…淋しんでしょう」
母「いかないよ。。。お前は、お節介だね~」

そんなやりとりが続きます。

安心して下さい、あなただけではありません。

「い・か・な・い」っていいますから。

ここで、あなたは感情的にならないことです。

【デイサービスへの導き方】

デイサービスへの目的のごもっともな理由付け。

大切なのは、あなたが感情的にならないことですからね。
「なんだよ、心配して行っているのに」
という気持ちに蓋(ふた)をして

親が耳を傾ける理由を伝えるのが大切です。

たとえば、高齢者のおうちのお風呂は浴槽が深いよね。
1日デイサービスの場合
〇安心しておおきいなお風呂にはいれるじゃない。

〇看護師さんもいるんだって。健康面もみてらえるね。
〇送り迎え付きだよ。
〇一人暮らしで友達つくりたいひとも来ているから。
などなど

いいところだけ小出しに言っていきましょう。

いっぺんにいくつも言われたら
高齢者は忘れます。
考えるのが面倒になります。

デイサービス側に伝えておくことは
その方の性格を伝えておくことが大切です。
こまごましたことは、デイサービスの職員がききますので安心してください。
また、その時の質問に、本人としても家族としてもこたえられなくても問題ないです。
時間をかけながら、徐々にわかるようになります。

【初回失敗しても、次回につなげるように。】

私は、はじめてデイサービスをご利用になられる高齢者の場合は
必ず行なう想定1
『途中で帰りたいが始まった時の対応と処理』

ゴリゴリ行なうと、2度と行きたくなくなります。
トラウマになる可能性もでてきますので注意をしてください。

将来的に必ず頻回に使うデイサービスを
嫌にならないようにしなければなりません。

次回に、繋げられるようにしておくことは重要です。

【吉と出るか凶と出るかの言葉】

1、近所の〇〇さんも行っている。
2、仲良しの△△さんと一緒の日にいったら。

と仲良しグループを餌に誘い出す方法は、

実は…
大人の対応していた可能性もあります。
子供達にはみせない腹の内もあります。

そして、地域の役員をやっていた方に多いのは、
今の自分の姿を仲間に絶対に見せたくない。

など。

まぁ…吉と出るか、凶と出るかのデイサービスへの誘い方ですが、

試しに言ってみるのも、「あり」かもしれません。
親の本音が、きけるかもしれないからです。

 

【会社としての支援】

社員やパートさんが高齢者や親の介護を抱えている場合
「伝える手順」を教えてあげて下さい。
1、ゆっくりと落ち着いて話す。
2、3つ以上の話はしない。

でも、万が一のために
「わからない」
「はいはいはいはいはい」
の時は…
高齢者は「面倒くさい」と言う現れです。

「年よりだから、仕方ない。」という気持ちで
引き下がることをお勧めします。

(会社内でも、あるような話しですね)

【さいごに】

親の介護をしている社員の
社員の親の介護離職防止・対策・支援の決め手は
①介護をしている社員の日常生活の理解。
②社員の、親の介護をしていても今の職場で働きたいという意志。
③職場での協力体制が得られること。

会社と社員は
仕事と介護の両立支援で
ルール作りをすれば
安心できる職場、働き方ができるのです。

本日も貴重な時間、
ブログにおつきあい下さり、感謝申し上げます。

~お知らせ~
介護両立支援制度助成金は、あと2年弱でおわります。最大1年間450万円です。
是非、お使いくださいね。