こんにちは、いよいよ2019年始動です。
会社が社員の介護問題で困らないために!

高齢化社会の介護問題は、この日本国のカタチ
この国の介護問題と高齢化社会
「解決のカギ」を握っているいのは…会社です!
解決のヒントになったら嬉しいです!!

【知らなきゃ損する、保険制度…!?】

 

一段と寒くなってきましたね。
実は夏の台風で室外機がカナリダメージを受けちゃいまして…。
家のエアコンが使えなくて「暖房をガマン」していました。

「火災保険」が使えることを知りました。
えっ!?
「ほ・け・ん」

しかし、書類の書き方や手続きから立ち合いから…
被害現状(見積)など分からずでした。

寒いからこころの状態も、縮こまってしまいます。
ガマンにも限界…。

 

【専門の損保会社の人】

 

損害保険の代理店をされている、会社員のころの先輩に相談しました。
火災保険用紙の記入のしかたなど、書類から損保会社の鑑定人の手配まで
スムーズに…。
さすがは損害保険の専門のかたですね。
生命保険の方に聞いたってここまできめ細かなことはできませんもんね。

ひとり抱え込んでいた私は…。
一気にお悩み解決ですわぁーー(笑)。
超!すっきり!!

知らなきゃ損した、損害保険!
知って得した、損害保険!!!

【一人でなやむな…】

よく介護問題では、ひとりでこまないで!!

っていっているけれど…。

そうです

そんな私も…です。
ほんと、ダメダメですよね(苦笑)

だ・か・ら・わかりますよ~。

介護問題の対策や対応についてです。

あ・と・ま・わ・し

介護と仕事の両立の
仕方・させかた・導き方を知っていれば
「得」(徳)をします。

対策のとりかた=対策と対応=リスクマネジメント

介護も同じ、人間は我慢して、耐えるます。

そしてどこかで…

こころの折り合いをつけています。

こころの折り合いをつけようとしています。

【備えあれば患いなし】

はじめから知っていれば…
知っておくことの大切を…
私自身が痛感し実感した次第です。
たまたま台風でした。
そう!
私の場合は、たまたまです。
お隣さんの突風にのり、「木の実」の攻撃の連打
一夜にしてボコボコの室外機。
(お隣さんには請求はしてませんけどね…)

今回のわたしのケースの確率的にはどうなのでしょうか?
あなたも、あなたの周りの方によくあるケースでしょうか?

しかし、あなたの会社の社員の介護問題は必ず訪れます。
そうですよ!
会社は社員の介護両立支援対策を行わなければいけません。
だって、必ず訪れるものだからね。
そして、法でさだめられていますから。

なにかにつけて、知っていれば損はしません!
でも、知らなきゃいけませんよ。

備えあれば患いなし=会社の対策です。

会社は働く環境を提供しなくてはなりませんよね。
だって会社の発展は、社員の生活水準を上げる事になりますもんね。
生産性を落さないということ!?
むしろUPさせていかないといけませよね。
社員が明るい会社は、会社の未来も明るいですよね。

長文になってしまいましたね。
なにかお役にたてました?
なにかヒントになりましたか?

お付き合いしていただきまして
まことにありがとうございました。

 

-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/

心の変化は言葉から
「明るい介護、あっ軽い介護」

あなたの会社も応援してます!
「介護両立支援!」

本日も最後までお読みくださり
貴重な時間を頂き感謝いたします。

=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※=※

私たちのブログは実務家としてUPしています。
インターネット情報は勿論の事
偉い先生方や有名な評論家さんとの話とは少し違うかもしれませんね。
ご了承下さいませ。